ほとんどの人が知らない「体幹トレーニング」の意味


「体幹」という言葉、みなさん一度は聞いたことがあると思います。

しかし、実際体のどの部分なのか?また鍛えるとどうなるのか?そして鍛え方はどうすればよいのか?
イマイチわかりずらいという方も多いのではないでしょうか?

今回は「体幹」についてゼロから学んでいきましょう。

体幹とは


頭・四肢(両腕・両脚)を除いた胴体部分のことです。

体幹とは

◎大きい筋肉が多く、筋肉が壊れにくく、疲れにくいという特徴があります。
◎筋肉が大きいので大きなパワーを生み出せます
◎鍛えることで自分の体がもっている「本来の機能」を取り戻せます。

昔の体幹トレーニングは、筋肉を固めて鍛えるというものでしたが、最近は筋肉を動かしながら鍛える方法が主流になっています。
「背骨がいかに動くか」が重要で、これを意識することで「体の正しい動かし方」と「姿勢」が身に付きます。

体幹トレーニングの効果


体幹トレーニングは「体のベースづくり」のための運動です。

アスリートや若者だけでなく、老若男女すべての人に大事な運動です。

多くの人が悩んでいる腰痛、ひざ痛も体幹を鍛えることで改善することができます。

体幹トレーニング

これらの痛みの原因の多くは、体幹がしっかりと動かせていないことで、腰やひざに余分な負荷が加わっているからです。

つまり、まずは体幹を鍛えることが、改善への第一歩になります。

日常でできる体幹トレーニング


体幹トレーニングは日常生活でも取り入れることが可能です。

体幹を動かすことを意識しながら(背骨から動かすイメージ)ラジオ体操をするだけでも、効果はまるで変わってきます。

家でも、職場でもできる簡単な体幹トレーニング


ポイントは…
1.重心のかけ方に気を付ける。
2.骨盤を座面に垂直に立たせるように座る。
3.息を吐きながら、自分の限界まで動かす。

簡単 体幹トレーニング

(その1)肋骨と骨盤の間を伸ばす。伸ばしている側の腰に重心をしっかりとかける。


体幹を鍛えるトレーニング

(その2)頭を前に→肋骨と骨盤の間を近づけるイメージで頭を後ろに→胸をしっかりと上に向ける。おなかの前を開くイメージ。


体幹を鍛える方法

(その3)胸と骨盤を逆の方向にひねる。斜めの方向に伸ばすイメージ。


理想的な好循環

体の動かし方がわかる→正しく動かせる→負担が減る→日々の健康につながる(けがが減る)→体を動かしたくなる→体を動かす習慣がつく

体幹とスタイル

ケガをしない体を作り、積極的に動けば、運動不足解消、ダイエットにも効果的です。