白砂糖の大罪。白砂糖が体にも精神にも害だらけな理由


現代人は白砂糖を当たり前のように使っていますが、

人工的に作られた白砂糖に慣れてしまうと、肉体的にも精神的にも良くないと言われています。

白砂糖の害

白砂糖を摂取すると…


白砂糖は人工的に何度も何度も精製されて作られたものです。

ですから、白砂糖には、原料として使ったサトウキビに本来あるビタミンやミネラルなどはありません。

人工的に作物の一部分だけを取り出して作ったものは自然界にはない「異物」なのです。

異物を人間はうまく代謝することができないので、何らかの健康的な害をもたらします。

白砂糖が精神に影響


白砂糖は、精製されているため、血中に取り込まれるのがとても速く、摂取すると血糖値が急激に上昇します。

そのため、インスリンが大量に分泌され、低血糖を引き起こしやすくなります。

低血糖が続くと、今度は血糖値を上昇させようとして、アドレナリンが放出されます。

アドレナリンは興奮した時に大量に血液中に放出されるホルモンです。

アドレナリンが出すぎると、思考力が減退し、集中力がなくなり、短気でキレやすくなります。

白砂糖の悪影響

さらに、アドレナリンが体内で分解されてできるアドレナクロムという物質は、実は麻薬メスカリンの中の薬効成分と同じ物質なのです。

白砂糖の種類と白砂糖が入っている主なもの

上白糖(じょうはくとう)


日本で使用されている砂糖のうち約半分を占める、もっとも一般的な砂糖です。
結晶が細かく、しっとりとしたソフトな風味の砂糖で、白砂糖とも呼ばれます。

グラニュー糖(ぐらにゅーとう)


上白糖よりも結晶の大きい、サラサラとした感じの砂糖です。
クセのない淡泊な甘さを持つので、香りを楽しむコーヒーや紅茶に最適です。
また、菓子用や料理用にも広く使われます。

白双糖(しろざらとう)


結晶がグラニュー糖より大きく、無色透明の砂糖です。
一般的に家庭で使われることは少なく、高級な菓子や飲料に多く使われます。

白砂糖が使われているもの


白砂糖が体に悪い

・甘い菓子(チョコ・ビスケット・クッキー・「虫歯予防」以外のガム・「シュガーレス」以外のアメ・キャラメル)
・甘い飲み物(缶コーヒー・炭酸飲料・果汁0%のジュース)
・甘いパン
・アイスクリーム・アイスキャンディ
・デザート類(ケーキ・プリン・ゼリー・ヨーグルト)

その他「カロリーゼロ」「シュガーレス」「糖質0」以外の甘いもの全般

まとめ


精製された砂糖供給をすると、血糖値が急上昇します。
体は大量のインシュリンを出して今度は血糖値が急降下します。

その結果、精製された砂糖を消化する為にミネラルやビタミンを大量消費して、本来使いたい部分に使えなくなります。

精製された白い砂糖には中毒性があり、体に悪影響があってもなかなかやめることができません。

白砂糖の中毒性

「ダイエット」のためだけでなく、白砂糖が大量に使われている食品はできるだけ控えめにしましょう。

白砂糖の怖さを知って、白砂糖をなるべく控えていくようにしましょう。