血液サラサラ、脳も良くなる。魚の油が体にいい理由


私たちが毎日、口にする食材の健康作用に関心が高まる中、魚の油の健康効果が注目されています。

魚の油 DHA

血液サラサラ効果だけでなく、神経伝達機能を高める働きもあるいいます。

魚の油が注目を集める理由


肉と魚の脂肪の性質は大きく異なります。

肉の脂身は飽和脂肪酸で、常温では固形化します。

血液中ではコレステロールや中性脂肪を増やし、体脂肪が溜まりやすくなります。

一方、魚に含まれる油は不飽和脂肪酸で、常温では液体です。

魚の油に含まれる DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)には健康効果があるとされており多くの企業が研究に取り組んでいます。

魚の油 不飽和

DHAの働き


DHAはヒトでは脳に多く存在しています。

神経伝達機能を高める働きがあり、脳機能の維持に欠かせない栄養素とされています。

最近では、アルツハイマー病や認知症患者の脳にはDHAが少ないことも分かっているほか、

脳の発達障害やうつ病など中枢系の疾患の発症との関わりも指摘されています。

さらにDHAの摂取が記憶力や学習能力にも効果を持つとの研究もすすんでいるそうです。

魚の油 DHA 脳に良い

EPAは、動脈硬化や血栓を防いだり、中性脂肪を低下させる働きを持つ血液“さらさら”成分として知られていて、

脳の血流もよくすると考えられています。

EPAは、血液や血管の疾患に対する効果があるとして、現在も医薬品として使われています。


最近ではアマニやエゴマの油が健康 にいいと人気を集めていますが、これらに含まれる「aリノレン酸」も、摂取後わずかですが体内でDHAやEPAに変化することが分かっているそうです。

効率的にとるなら刺し身


効率的にDHAやEPAをとるには、お刺し身がお勧めです。

魚の油 刺身で血液サラサラ

背の青いサバやサンマ、マグロなどの魚に多く含まれています。

含有量は魚の種類や料理法によっても異なりますが、同じ食材で効率よくとるなら新鮮な刺し身が一番です。

生で食べると調理による損失がありません。

マグロなら中トロ


脂肪分は20%ですが、そのうちDHAは最低でも25%、EPAは5%。

大トロだと脂肪は多いですが、肉と似た組成の飽和脂肪酸も含みます。

ちなみに大トロの脂肪分は40%、赤身は10%未満と少ないです。

網などで焼くと脂が落ちてしまいます。

魚で頭がよくなる

焼き魚だと1~2割が減少、揚げ物だと3 割近く身の外に溶け出してしますそうです。

DHA、EPAを上手にとるコツは


魚を食べる習慣をつけることです。

目安として、1日1食のおかずを魚にすると良いでしょう。

一日一食魚の油で血液サラサラ

例えば刺し身定食の場合、1人前 の刺し身の量は80~100g、焼き魚や 煮魚も1人前の切り身は80~100g。

油の多い魚を選ぶと効率的です。


煮魚なら、できれば煮汁も一緒にとりたいところですが、塩分が濃い場合は控えめにしましょう。

魚で健康 血液サラサラ

また最近話題のサバ缶などを利用する手もあります。

ただし、マグロばかり食べるなど、偏食は禁物です。

毎日飽きずに続けるのが、脳の健康への近道です。

肉食が続いたら補助的にサプリメントを利用する方法もあります。

体にいいからとはいえ、食べ過ぎにも注意しましょう。

野菜類などと組み合わせながら日々の食事に魚をとり入れていけるといいですね。