体に悪い?仕事終わりのお酒。ストレスとアルコールの意外な関係


仕事が終わった後、「ストレス解消のために一杯ひっかけて帰ろう」という人も多いでしょう。

ですが、ストレスが溜まった時、すぐにアルコールに頼ってしまうのは実は逆効果なのです。

ストレス体験の直後に飲むのは危険!


ストレスをコントロールする手段として、アルコールが効果的ではありません。

アルコールがストレスに対して与える影響は、アルコールを飲むタイミングによって変わってきます。

お酒 アルコール ストレス


ストレスを感じた後にアルコールを摂取すると、体内の「コルチゾール値」が抑制されるそうです。

コルチゾールはストレスの対処に必須の物質で、この物質の分泌が抑制されると、正常に分泌された時と比べて、

緊張感が長い時間残ったままになってしまいます。

またアルコール依存症の人は、身体がストレスにうまく対処できないのをカバーするために、少しずつ体内のコルチゾール濃度が上昇していくそうです。

アルコール依存症ではない人たちは、再びアルコールを摂取しなければ、上昇したコルチゾール値が時間が経つにつれて正常に戻ってきます。
 
アルコールで本当にストレスを解消したいのなら、「飲む前に」ある程度気持ちを落ち着かせてからのほうが効果的です。

気分転換に最適な「お酒」の力


直後ではなく、ある程度気持ちにゆとりをもってからお酒を飲めば

仕事疲れや人間関係のストレスを軽減し、とても良い気分転換になります。

お酒 アルコール ストレス


お酒を飲むと、楽しさや心地よさを生み出す「ドーパミン」や、不安や恐怖などの感情を抑える「セロトニン」が分泌されます。

このようなお酒の効果が人間関係や仕事疲れを解消。

精神的なストレスを緩和して、楽しく生活をしていくのに役立ちます。

一人酒がおすすめ


一人でお酒を飲むと、お酒の効果で心地よい状態で、人間関係や仕事について、自分のなかで考えをゆっくり整理することができます。

しかし、お酒を飲み過ぎると二日酔いになり、仕事の生産性が著しく低下してしまいます。

アルコール お酒 ストレス


また、お酒は依存性が強く、飲み過ぎるとアルコール中毒になってしまう他、肝機能の低下などの健康被害をもたらすこともあります。

お酒を飲む場合は適量を心がけ、酔い過ぎないにように注意しましょう。